和太鼓という楽器は日本人にとってなじみ深いものです。有史以来、様々な場面で人々を鼓舞し勇気づけてきた響きは、現代でも変わる事なく日本に響いています。神事や祭で鳴り響くその音に日本を感じ、癒される人も多いのではないでしょうか。そして、その響きを音楽へ、また舞台芸術へと導く挑戦も続けられています。和太鼓の響きに魅せられた多くの太鼓演奏家や太鼓団体が繰り返す創作への努力の結果、今や世界中に和太鼓を愛する人々が誕生するまでになっています。世界の中で、日本という国のアイデンティティを表すに相応しい楽器「和太鼓」。 常に和太鼓の価値を見つめ、伝統を守りつつ新しい可能性を見いだしてゆく。
我々も、その素晴らしさを更に世界中に響かせることを目標にしていきたいと思っています。

 

観たことのない世界  聴いたことない音楽  五感を総動員せよ!



独創と革新で世界劇場に挑む「倭-YAMATO」 樹齢400年の大木で造った太鼓を筆頭に数十台の太鼓群を抱え、全身を躍動させ、全霊で叩き、波動を巻き起こす。血沸き肉躍る迫力のライブ.パフォーマンス。その鼓動に、人々は圧倒され、高揚し、シンクロする。伝統楽器「和太鼓」から弾き出される苛烈なる革新。あをによし・奈良。大和魂の発露であり、猛る冒険への雄叫びだ。

「倭」結成は、地元の神社の祭へ、オリジナル曲「日向」をひっさげて参加したことに端を発する。1993年のことだ。それから20年。これまでに世界53カ国に招聘され、3000公演以上のパフォーマンスを行い、600万人を動員。多彩なフォーメンションによる演奏は高い評価を得、評判が評判を呼び、英国メディアは「肉体の音楽」と称える。

日本文化発祥の地・明日香村を拠点とし、1年のうち半年から10ヶ月を海外公演にでかけ、倭スピリッツを炸裂させる。日本のあらゆるパフォーミングアーツ集団の中で、群を抜く海外公演数を誇っている。 「独創的でありたい」 それが「倭-YAMATO」だ。だから、楽器以外は、すべて共同生活を営むメンバーによって創り出される。作曲はもちろんのこと、演出、舞台や照明のデザイン、振り付け、演奏方法、衣裳にメイク、大道具や小道具・・・演奏で使用するバチに至るまで全て「オリジナル」だ。そしてこれが、倭が世界に打って出る基盤なのだ。

「倭-YAMATO」はこの「独創」を以て和太鼓を舞台芸術に昇華させ、日本に、アジアに、そして世界に響かせていく。 太古から、人々を鼓舞し奮いたたせてきた和太鼓。 その伝統への敬意を胸に秘め、「倭-YAMATO」は革新に挑み続ける。


[略歴 ]
和太鼓グループ「倭」 1993年奈良県明日香村にて4名のメンバーで結成(現在20名)。 1994年中国公演で、2万人動員。インドネシア、韓国、シンガポールを経て南米ツアーを敢行。 1998年世界最大の芸術フェスティバル「エディンバラフェスティバルフリンジ」に参加。1ヶ月23公演を完売。「スピリットオブフリンジ賞」を受賞。 これを機に「地球一周ツアー」と銘打った世界ツアーを開始。 2013年までに、訪問国53カ国、総公演回数3000回以上、観客動員数600万人突破。 明日香村を拠点とし、年間150〜200公演のワールドツアーを展開中。 メンバーは共同生活で一体感を養い、作曲、振付、演奏方法や衣裳デザイン、舞台セットまでの一切を手作りで担う。 20周年を迎えた2013年より本格的に「日本ツアー」を開始。 2013〜2014年に掛けて、日本全国47都道府県制覇ツアーを敢行。


 



 

 

 

 


KONGENDO., Ltd All right reserved.